Top > 経済 > 借金返済で明るい生活、人生を

借金返済で明るい生活、人生を

新聞の広告、スポーツ新聞、電話ボックスに見られるチラシや郵便広告で、「多重借金の整理します」「多重借金をひとつにしたくありませんか」などといった宣伝を目に入れることがあります。

「整理人」「買取人」「紹介人」という名称の悪徳企業の宣伝のケースもあるということです。

このようなものを利用した際には破産申請フローの中で一番重要な免責認定を受けられない危険性があります。

「整理人」とは、広告などで多重負債者を呼び出し常識外の料金を請求して債務整頓をしますけれど、実際のところ借金整頓はされず、債務者はより一層の債務スパイラルにはまってしまうときがほとんどと考えてください。

「買取専門人」とは、債務人のクレジットカードで、家電製品、旅行の利用チケットをいっぱい購入させ依頼者からそれらの品を値段の3割あるいは半額で受け取るというやり口が知られています。

依頼者は小金が得られますが、いずれカード業者から購入物の定額の請求が送られて来ることになり、本当は負債額を増やすことになってしまいます。

このケースだとカード業者へ犯罪行為とされてしまい免責を受けられなくなります。

「紹介者」の場合は、金融業者から断られるようになった借金者へ直接の貸出はせずに、資金提供をする同業者を教えて、紹介料を要求する業者です。

紹介人は自分の手引きでお金を貸し出ししてもらえたかに会話しますが現実は何もしていなくて、単純に調査のゆるい会社を把握しているだけというやり口です。

この場合も結局は債務額を重ねることになります。
http://sutoresu.xn--xckq9gya9aygb5784d7i0c8vwd7te.com/

経済

関連エントリー
転職で人生を変える転職のための資格取得はいいけれど...借金返済で明るい生活、人生を金利だけでも楽になるかもよ
カテゴリー
更新履歴
趣味で作っているものがブランド化されそうなら(2014年7月31日)
宝くじを大量買いして大損してしまった(2014年7月13日)
職業によるキャッシングの審査への影響(2014年6月26日)
美魔女になるため目指せ!細い二の腕(2014年4月22日)
スパムメールについて(2014年4月18日)