Top > 職業によるキャッシングの審査への影響

職業によるキャッシングの審査への影響

キャッシングを利用するにあたっては、その第一条件として安定した収入があるという点がとても重要視されます。なぜならば、キャッシングの利用に関しては総量規制という貸金業者が貸付けを行っていいとされる金額の上限があり、その上限は利用者の年収によって決められているからです。そのため、キャッシングを利用するには安定した収入がないと駄目なのです。
キャッシングを利用する場合には審査に通過する必要がありますが、申込用紙には当然職業を記載する欄があります。利用を希望する人は自分の職業をその欄に書き込むことになりますが、正社員でないからといって特別審査の結果に影響を与えるわけではありません。たとえアルバイトや派遣社員であったとしても、毎月一定の収入があるということを証明できる限り、基本的にはお金を借りることができます。ただし、アルバイトや派遣社員であっても頻繁に仕事先を変えているような人の場合には、安定した収入があるということを認められずにお金を借りられないこともあるので注意が必要です。
気になるカードローン仮審査本審査KH137についてはこちらで書いています。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
趣味で作っているものがブランド化されそうなら(2014年7月31日)
宝くじを大量買いして大損してしまった(2014年7月13日)
職業によるキャッシングの審査への影響(2014年6月26日)
美魔女になるため目指せ!細い二の腕(2014年4月22日)
スパムメールについて(2014年4月18日)